healthy life

臭いは変わる

年代や生理周期で変わる

healthy women

女性特有に発生するおりもので悩んでいる人の多くは、なぜ臭いが発生しているのか理解していないと言われています。臭いが発生する大きな原因としては、子宮内膜や膣の分泌物が原因とされています。この分泌物に雑菌やゴミが混ざってしまった時に臭いが発生します。年代によって生理周期やホルモンバランスが変わってくるのと同様に、おりものも年代に応じて色やサイクル、臭いが変わってきます。10代の時にはおりものの量が少なかったという人もいます。20代や30代になると量が増えていくと言われています。更年期にさしかかるころになるとおりものも減っていくので臭いも気にならなくなります。年代や毎月の生理周期に応じて色や臭いは変わってくるので、ちょっとした変化で敏感に反応しすぎないようにすることも大切です。

病気のサインの可能性もある

おりものは女性の身体の状態を表す大切なサインが隠されていることが多くあります。おりものに対して着目している女性は少ないですが、いつもと体調が違うという場合は、おりものの色や状態をチェックしておくとよいでしょう。おりものの臭いがキツイ、色が茶色や緑で変色しているという場合は、子宮内や膣内に雑菌が入っている可能性もあり、人によっては病気のサインになっていることもあります。色や状態は通常でも臭いが気になるという人であれば、汚れが原因になっている可能性が高いです。臭いが気になるからといって、お風呂の時にあまりにも洗いすぎると逆に臭いがきつくなる原因になるので注意が必要です。

Top